石野歯科医院
DENTURE

入れ歯治療

custom-made

完全オーダーメイドの入れ歯

入れ歯の重要なポイントは、その機能が最大限に発揮されることです。入れ歯が効果的に機能するためには、患者様の残存歯、歯肉、噛み合わせ、舌の癖などに合わせて調整されている必要があります。

当院では、完全にオーダーメイドの入れ歯を製作します。詳細な検査に基づき、患者様にピッタリ合った、最適な機能を発揮するオリジナルの入れ歯を提供いたします。

入れ歯
symptom
下記症状はご相談ください。

入れ歯の種類

部分入れ歯

レジン床義歯

レジン床義歯

保険適用の部分入れ歯で、残っている歯にバネ(「クラスプ」とも呼ばれます)を引っ掛けて固定するタイプです。 長年にわたり使用されており、使い勝手の良さがありますが、バネをひっかける歯に負担をかける可能性があり、使用箇所によってはバネが目立つことがあるというデメリットも考えられます。

金属床義歯

金属床義歯

金属床を備えた部分入れ歯は、レジン床タイプに比べて薄く作成でき、違和感を軽減します。 さらに、この入れ歯の高い強度は、咀嚼力を向上させます。 ただし、金属アレルギーの方には適していません。自費診療の対象となります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

クラスプは、通常のレジン床部分入れ歯に取り付けられる、固定を支えるバネです。ノンクラスプデンチャーは、自費診療の部分入れ歯で、特殊な素材の吸着力を利用して固定されます。 この入れ歯は非常に快適で見た目にも美しく、金属アレルギーの心配は不要です。 ただし、咀嚼力(噛む力)は金属床義歯やアタッチメント義歯に比べて劣ることがあります。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯

磁石の力でしっかりと固定されます。 強力な磁石による固定力と外見の美しさ(金属部分が見えない)が特徴ですが、磁石を埋め込む際に入れ歯の一部を削る必要があるため、その部分は多少割れやすくなります。自費治療の対象となります。

総入れ歯

金属とレジンの入れ歯の説明画像

レジン床義歯

レジン床義歯

床部分に歯科用プラスチックであるレジンを使用した一般的な保険適用のタイプです。 軽量で取り扱いが容易で、修理も簡単に行える利点がありますが、強度を維持するために一定の厚みが必要です。

金属床義歯

金属床義歯

金属製の入れ歯は、床部分に金属を使用し、自費診療の対象となります。 最も大きな利点はその薄さです。 “レジン床義歯を使用すると厚みが気になる”という方に特におすすめです。 この入れ歯は軽量で、強度が高く、取り扱いが容易ですが、金属アレルギーの方には適していません。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯

磁石の力でしっかりと固定されるタイプです。 強力な磁石による固定力と外見の美しさ(金属部分が見えない)が特徴です。 ただし、磁石を埋め込む際に入れ歯の一部を削る必要があるため、その部分は多少割れやすくなります。自費治療の対象となります。

インプラント義歯

インプラント義歯

顎の骨に埋め込んだインプラントにしっかり固定されするタイプです。天然歯と同等の咀嚼力を提供します。 入れ歯を装着中でも、インプラントは見えず、美しい仕上がりを実現します。 ただし、インプラントの埋入には手術が必要であり、顎の骨の状態に応じて適切でない場合もあります。自費治療の対象となります。

石野歯科医院
ホーム
はじめての方へ
院長紹介
料金表
アクセス
診療時間
お知らせ
コラム
休診日 | 水・日曜日