石野歯科医院
COLUMN
コラム

インプラントとは?

2024.01.07

インプラントの基本知識

インプラントについての知識をまとめます。

インプラントとは?基本的な概念解説

歯科インプラントは、失われた歯を取り戻すための革新的な治療法です。具体的には、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を取り付けることで、天然の歯と同様の機能と見た目を再現します。この手法は、歯の抜けた箇所にしっかりとした土台を提供し、周囲の歯に対する負担を最小限に抑えることができます。

歯科インプラントは、患者に自然な噛む感覚や美しい笑顔を取り戻す手段として広く利用されています。手術後、骨とインプラントがしっかりと結合することで、安定感のある人工歯を得ることができます。

インプラントの種類一覧

歯科インプラントにはさまざまな種類がありますが、当院では、世界70ヶ国以上、500万人以上の患者さんが受けている世界インプラント市場トップクラス、ストローマン

2004年にアメリカ製造工場を設立し厳格なFDAの審査を通った後、北米のみに留まらず、欧州や中央アジア、ロシア、中東、そしてアジア等の全世界70か国に輸出している世界的なデンティウムを使用しています。

特にストローマンは1300万本以上のストローマンインプラントが治療に使用されていて、長年の研究開発による良質なインプラントが信頼されていることの表れともいえます。

また、万が一インプラントにトラブルがあった場合でも、多くの歯科医院でストローマンインプラントが取り扱われているため、世界中の歯科医院で対応可能であるというメリットもあります。
日本国内でも多くの歯科医院でストローマンインプラントが使用されています。転勤や引越しの可能性があるという人でも、転居先で適切な対応が受けられます。

 

 

インプラントのメリットとデメリット

インプラントにはメリット、デメリットがあります。

インプラントのメリットとは?

歯科インプラントは、その優れた特徴により多くの利点を提供します。

・機能の回復:医療インプラントは、失われた機能を補完するために使用されます。

・外見の改善: 美容的な観点から見ると、歯科インプラントや美容整形におけるインプラントは外見を改善するのに役立ちます。

・快適性:歯科インプラントや関節インプラントなどは、患者に快適で安定した状態を提供し、日常生活の質を向上させることができます。

・治療の進歩:テクノロジーの進歩により、生体に統合されるより進化した医療インプラントが開発されています。これにより、治療の効果や持続性が向上する可能性があります。

 

自然な見た目と噛み心地の再現

歯科インプラントは、人工歯が自然な見た目を持ち、噛み心地も天然の歯に近いものです。これにより、治療後も自然な笑顔を保ちながら、食事などの日常生活を快適に過ごすことができます。

周囲の歯に与える影響の最小化

周囲の健康な歯に影響を与えず、隣接する歯を削る必要がないため、歯科ブリッジなど他の治療法と比較しても歯を温存する点で優れています。これにより、自然な歯と同様の機能を取り戻すことができます。

インプラントのデメリットと注意点

手術リスクと合併症の可能性

インプラント手術には一般的な手術のリスクが伴います。感染症や血液の出血、神経損傷などの合併症が発生する可能性があります。しかし、経験豊富な歯科医師と慎重なアフターケアにより、これらのリスクは最小限に抑えられる傾向があります。

・手術のリスク:インプラントの埋め込み手術には、一般的に手術に伴うリスクがあります。感染症や出血などの合併症が発生する可能性があります。

・費用:医療インプラントは高額であり、コストがかかります。

・生体適合性の問題:一部の人々では、生体に組み込まれたり植え込まれたりする素材に対する適応反応が起こすことがあります。これが拒絶反応やアレルギー反応を引き起こすことがあります。

・メンテナンスが必要: インプラント治療後は定期的なメンテナンスが必要であり、それが怠られると問題が生じる可能性があります

 

インプラント治療の長期的な負担

治療には時間と費用がかかり、また手術後の適切なケアが必要です。また、患者の生活習慣や健康状態によっては、治療が長期にわたることがあります。患者はこれらの点を理解し、計画的な治療を進めることが重要です。

石野歯科医院
ホーム
はじめての方へ
院長紹介
料金表
アクセス
診療時間
お知らせ
コラム
休診日 | 水・日曜日